コラム・ブログ

住宅ローン減税の延長と控除率の引き下げ

住宅ローン減税の延長と控除率の引き下げ

明けましておめでとうございます。
平素はご愛顧賜わり、厚く御礼申し上げます。
旧年中は、多忙なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。
2022年も、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

住宅ローン減税等が延長されます。

2021年で適用期限切れを迎えた住宅ローン減税でしたが、この度「優遇措置が延長」となりました。適用期限を延長とした上で、控除率を1%から0.7%へ引き下げとなりました。

住宅ローン控除の適用期間を4年延長
これまでは2021年12月末入居までが対象でしたが、今回の改正で2025年12月末の入居までローン控除が適用されます。
ただし、入居時期により最大控除額が変わりますので、注意が必要です。

既存住宅は10年ですが、特例措置として買取事業者による一定のリフォームが行われた既存住宅の場合(増改築等工事証明書発行物件)、控除期間が13年・借入限度額3,000万円になります。所有権移転登記(登録免許税)の税率を2%から0.1%に軽減(一般住宅の場合、2%~0.3%に軽減)

住宅ローン控除がお住まい選びの全て、ではありませんが、時期を悩み中の方は2023年までの入居をひとつの目途としてお住まい探しを検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする