コラム・ブログ

『空き家問題』が止まらない

『空き家問題』が止まらない

みなさん、こんにちは。いつも当社のブログをご覧いただきありがとうございます。

日本では人口の減少や高齢化により、年々空き家の数が増え続けていることが問題となっています。
空き家にはさまざまな種類がありますが、なかでも問題となっているのが放置された状態の空き家です。
管理されていない空き家は、地域の景観を損ねるだけではなく、安全面、衛生面、治安面からも深刻な問題が多いとされています。

2008年から人口減少が進む状況にありながら、総住宅数・空家数ともに過去最高を更新してきました。特に空き家率の増加が著しく、2018年には13.6%を記録しました。野村総研(NRI)の予測では、2033年には空き家数は約2,170万戸、空き家率は30.4%まで上昇する見込みとなっています。
つまり12年後には日本の住宅の3戸に1戸は空き家になってしまうかもしれないということです。

ソース画像を表示

 

このような状況で今注目されているのが中古住宅です。高価格の新築住宅に対して、中古住宅のメリットとなるのはやはり価格の安さにあります。また、同じ予算なら、中古住宅を選ぶことにより、最寄り駅からの距離や居住面積の広さ等の条件を良くすることができます。新築住宅も新しいのは最初だけ、実際に住んでみると、生活に関わることのためエリアや、居住面積の広さの方を優先したほうが良いこともあります。

また、新築住宅に比べて低予算で購入できるので、その分、リフォームやリノベーションに充てる費用を増やすことも可能です。最近では、あえて築年数の古い物件を低予算で購入し、お金をかけて思い通りのリノベーションをするという人も増えています。

タカオエステートではリフォーム・リノベーションにこだわった良質なリノベーション住宅を販売しております。低価格で自分好みの家を持ちたいという方はぜひ一度ご連絡ください。

この記事をシェアする