コラム・ブログ

任意売却後の残ローンはどうなる?

任意売却後の残ローンはどうなる?

強制的に明渡しを強いられる「競売」とちがい、本人の意志で売却活動ができる「任意売却」。市場でみても競売は約7割の取引に対して、任意売却は市場価格に近い価格で売却できるケースが多くあります。

ローンがまかなえるだけの金額で売却できればよいのですが…残ローンに届かなかった場合どうなるのかご存知でしょうか。
もちろん、支払いを免れることはできませんし、残ってしまった分は支払義務があります。このような不動産に抵当権の設定をしない状況での担保を「無担保債務」と呼びます。無担保債務のメリットとしては、本人(債務者)の生活ができる範囲で毎月の返済を行う事が可能になります。
※会社によっては難しい場合もあります。

また、仮に売却できたとしても将来返済しきれない多額のローンが残ってしまった場合は、「自己破産」もひとつの手段になりますが、任意売却同様、支払義務を免責されることはありません。

毎月のローン返済が厳しい、今の生活から抜け出したい、返済したいけどどうしたら良いかわからない…そんなお悩みをお持ちの方、ぜひおうちカウゾウへご相談ください。解決への糸口に繋がる一歩をご提案し、新しい生活のスタートをきるお手伝いをさせて頂きます。

この記事をシェアする