コラム・ブログ

相続税対策としての不動産購入とは?


今回は耳にするけどよく分からない相続税対策としての不動産購入を簡単に説明させていただきます。

例えば、一億円の現金を相続させるのと、1億円の不動産を購入して相続させるのと、どちらが節税できるか?答えは不動産に変える方が節税となります。相続税というのは、相続されるものが現金か不動産かで計算の元になる『評価額』が違います。この評価額を下げることで相続にかかる税金を減らすことが出来るのです。現金の場合は100%の評価ですが、土地の場合は国税庁が定める『相続税路線価』という指標にもとづいて計算されます。この路線価が時価の8割ぐらいに設定されているため、自己利用を目的とした土地の相続だけでも2割安となります。更に、この土地の上に賃貸用の建物があれば更に2割減となります。建物については『固定資産評価額』にもとづいて計算されます。この評価額も建築時の6~7割程度のため自己利用の建物購入だけで現金と比べて3割ほどお得になります。こちらの場合も賃貸用の建物があると更に3割減となり、結果トータルで5割程下がる事になります。

ただし、注意点として不動産は高額であるため相続税の節税対策として購入して購入してしまっても、賃貸の空室が多く資産価値が下がってしまっては元も子もありません。そんな時はおうちカウゾウまでお気軽にご相談ください。リフォームの提案から選ばれる魅力ある建物に変貌させるお手伝いをさせていただきます。そして賃貸アパート、マンションを持っているけど、手放したい買い替えたいとお考えがある方は、おうちカウゾウが買取から、購入までサポートさせていただきます。

この記事をシェアする